「生きたい」と思う気持ちががんの特効薬
JUGEMテーマ:がん全般

ある日のことです。四三歳の婦人が地方の県立ガンセンターから紹介されて来ました。


病気の程度は進んでいて、転移した癌のために左右の首は大きく腫れ、首がほとんど回らない状態でした。県立ガンセンターでは余命三ヶ月と宣告され、本人には好きなことをさせるようにと家族は言われていました。そしてホスピスに入ることまですすめられていたのです。


その患者の夫は、重大な決意をもってその旨を本人に話したようです。しかし「母は強し」です。二人の子供のいるその婦人は、私の診察室に入ってくるなり「先生、何とかしてください、何でもしますから助けて」と言います。私はその勢いに圧倒され、一瞬言葉を失うほどでした。しかしその真剣な叫びは、母親が子供を思って、「この命は自分だけの命ではないのだ」と心の底から訴えているようでした。


その患者が最初に来院したのは、早春のぽかぽかとした日差しのやわらかい日でした。本人から今までの治療の経過を詳しくうかがった後に、私は本人のつらい思いを少しでも和らげてあげようと思って、癌とはまったく関係のない話にわざと話題を変えてみたのです。それは、早春の野の花の黄色い「山吹の花」についてでした。ところがどうでしょう、彼女はしばらくの間、私が語る山吹の花の話の一語一語にうなずいて聞いてはいましたが、最後に私に向かって、その山吹の花の黄色い色が思い浮かばないと言うではありませんか。色そのものを思い出せないと言うのです。彼女の心の中では、すべてのものが白黒だけのモノトーンの世界になってしまっていたのです。


「命がない」と言われたことの衝撃はこれほどまでに強いものなのでしょう。鮮やかな花の色さえも心の中に思い描くことが出来なくなっていたのです。


私はこのことを本人から告げられたときに、言葉も出ないほどの大きな衝撃をうけました。それでも本人の話は一語一語しっかりとしていて、その言葉の端々には「どうしても生き延びなければならない」という思いがひしひしと感じられます。私はその姿に感動し、そのとき「この婦人を何としても助けなければ」という思いを一層強くしたのでした。


私はまだ、われわれが行なっているがんの免疫治療について何も説明していませんでしたが、実は進行がんの患者に対しては、健康な若い人の血液から取り出したリンパ球を使った免疫治療を行なっています。それは、健康で若い人のリンパ球を、患者の静脈に点滴で注射するという治療法ですが、そうしますと、患者の体内にいろいろな変化が起こり、がんが縮小したり、がんの転移が抑制されたりすることを確認しています。それと同時に、がん細胞の放射線感受性が増加し、がんは放射線に敏感になることも経験的に確認しています。


その婦人の患者は、転移した癌のために、首がほとんど回りません。前を向いたままです。まず首を動くようにすることが急がれます。幸い、当時私が勤務していた東京の病院には、放射線治療を専門とする、高名な元大学教授が大学を退官されて勤められていました。早速相談しました。ところが「腺癌には放射線はあまり効きませんよ」というご返事でした。その婦人の肺癌のタイプはその腺癌であったのです。


私は、照射の前にリンパ球を注射しておくと、がん細胞は放射線に対する感受性が増加することを先生にご説明して、再度お願いしたところ、「それでは」ということで照射を引き受けてくださいました。その際、「放射線照射のために首がさらに腫れて気管が圧迫され、呼吸困難になる恐れがあるので、その点を患者やご主人に説明しておくように」というご指示があり、そのことを説明した上で照射は開始されました。それほどまでに、その婦人の両方の首は、転移した癌で大きく腫れていたのです。もちろん窒息の危険が考えられますので、はじめは入院して治療を行ないました。


ところがどうでしょう、リンパ球の注射をしながら一連の照射を続けている内に、その婦人は呼吸困難になるどころか、首の腫れは次第に取れてきたではありませんか。それに伴って、首もだんだん動くようになり、しまいには首も普通に回るようになってきたのです。そして、外からは殆どわからない程に改善したのです。


本人は大変喜びました。表情も日増しに明るくなり、毎日の動作がにわかに積極的になってきました。そしてしばらくして、「通学している子供の食事を作りたいから通院でもよいか」と言うではありませんか。もちろんOKです。


患者は自宅に戻り、夫や子供の面倒を見ながら、今まで自分でやろうと思っていたいろいろな治療法を開始したようです。食事療法は勿論のこと、漢方薬の服用やキノコ療法、それに中国式の気功なども始めたと言います。その上、PTAの会合にまで出席し、地域での社会参加も積極的に行なったと言います。患者は来院のたびごとに、日常の生活上の出来事をこまごまと話してくれます。本人にとっては、一日一日が新鮮で貴重であったに違いありません。日がたつにつれて本人はますます明るくなっていきました。


次の年の春のことです。朝の一番の診察に、本人がうれしそうに入ってきました。その手には、一抱えもする程の山吹の花を携えているではありませんか。「先生、本当は私はこの山吹の花が大好きなのです」と。それは、私の好きな一重の黄金色した山吹の花であったのです。

| 医者が「治す気」になるとき | 05:30 | comments(0) | - | pookmark |
がんは決められた手順の治療だけでは治らない
JUGEMテーマ:がん全般

元学校の先生は六一歳の婦人で、この方は『「生きたい」と思う気持ちががんの特効薬』の婦人と同じように腺癌というタイプの肺癌でした。この婦人の癌も進行していて、癌は首に転移していました。しかしその程度は軽く、外見上にも特に変化はなく、首が回らないなどというようなことはありませんでした。


本人は六〇歳まで学校一筋に生き、定年を迎える直前の、これからが自分の人生と思う矢先に発病してしまったのです。その不運を嘆き、うっ憤やるかたない様子でした。


その患者は東京在住の方で、都内の有名ながん専門病院で手術を受けていますが、その時すでに癌は首に転移していたようです。そのために、抗癌剤、放射線など最新の現代医療はすべて受け、その上で治療は限界と言われていました。それでもあきらめきれずに方々の病院を転々として、最後に私たちの所にやって来たのです。


診察室では自分の不運を嘆きながら、今まで受けた治療上の不満をいろいろと並べたあとに、診察室のベッドに横たわったまま「先生、助かりますか」とブッキラボーに質問します。私はしばらく考えた末に、「難しいね・・・・・」と思わず答えていたのです。悪いことを言ってしまったなと思う反面、なぜかこう言わずにはいられない気持ちになっていたのです。


「あなたが今まで受けてきた治療は、すべて日本一流のものですよ。それでも良くなっていないのでしょう」と、私は先ほど言ったことの弁解じみたことを言っていました。


その患者の話では、病気のときは安静が第一と考え、入院中も退院後もほとんど寝ていたと言います。それは抗がん剤の副作用もあって無理からぬ点もありますが、今まで自分では何一つすることはなかったようです。このように話をしている間も常に自分の不運を嘆き、自分がつくづくいやになったと言います。毎日イライラして暮らしていたようです。これではどんなに良い治療を受けても良くはなりません。心が常に後ろ向きで、自助努力は何一つしていないのです。


「あなたは自分で何をしたのですか」とたずねますと、すかさず「病気は医者が治すものでしょう」というご返事。しかもご丁寧に「それが医者の務めでしょう」ときた。その口調はどこか学校の先生が生徒に話すような命令調が感じられる。まいった、まいったである。


確かに元先生ご指摘の通り、医者の仕事は病気を治すことです。しかし、がんだけはどうも別格なのです。がんの治療は医者だけの努力ではうまくいかないからです。何故なら、がんは決められた手順の治療だけでは治らないのです。


がんの特効薬や特別な治療法があって、マニュアル通り一定の手順さえ踏めば治るのであれば、元先生の言う通りです。患者はただ黙って静かに寝ていればいいでしょう。しかし、がんではそうはいかないのです。


現在のところ、いったん進んでしまった進行がんや再発がんの治療では、医師のがん治療効果に対する寄与度と申しますか貢献度は、どんなにひいき目に見ても三割を越えることはないと思います。もっともこれは私の独断と偏見による判定ではありますが、残りの七割は患者自身が自分で努力し、自分で治療しなければなりません。


私は外科医ですので、早期がんに対する手術治療の貢献度はかなり高いと身びいきに思ってはいますが、それでも医者のできることは、そんなに高い割合ではありません。早期がんであっても再発し、命を落とすことがあります。まして進行癌に対しては良い治療法がなく、その効果も限られています。貢献度はもっともっと低いはずです。


私はその患者に繰り返して自助努力の必要なことを、具体的な例をあげて説明しましたが納得は得られなかったようです。本人はただ単にリンパ球の注射をしてくれれば、それだけでがんは自然に消えてくれるものと思っていたようです。そうは問屋がおろしません。リンパ球を注射して免疫力を高め、がんを抑え込むためには、いろいろと自分でしなければならないことがたくさんあります。


この説明を聞いた当人は、大変ご不満の様子でした。一度治療を受けただけで、しばらくのあいだ音沙汰がありませんでした。そして五ヵ月後再び来院したときは食事もほとんど摂れない状態になっていたのです。

| 医者が「治す気」になるとき | 05:33 | comments(0) | - | pookmark |
自分の命は自分持ち
JUGEMテーマ:がん全般

私はときどき患者を冷たく突き放すことがあります。たとえば、あまり必要がないのにどうしても注射してくれと言ってきかない患者には「痛いのはあなた持ちですよ」と言いながらブスリと針を刺します。刺す私は決して痛くはありません。


また、がんの患者ではないのですが、ある有名な暴力団の幹部が来院してリンパ球治療をうけたときのことです。その人物はよほど偉い幹部と見えて、強そうな二人のボディーガードまでついて来ていました。本人は太っていてヒゲを蓄え、いかにも頑丈そうに見えますが、進行した糖尿病があって検査結果はメチャクチャです。おまけに腎臓もやられ、そのうえ強度の肝障害もあります。


本人の話では、自分の配下のバーやキャバレーを毎日回り、一日一本以上のウィスキーボトルを空にすると言います。しかも勢力維持のため、これはどうしてもやめるわけにはいかないというのです。


私はその患者に向かってこうたずねました。「あなたは人を刺したことがありますか」と。内心ビクビクしながら質問したのです。本人は黙ってただニヤッと笑うだけです。「それで刑務所に入れられたの」と思いきって再びたずねたところ、その返事は、予想どおり「子分がね」でした。やっぱりと思いながら、次のように病気の説明をしたのです。「毎日ボトル一本飲むことのツケは、今度は子分が払ってはくれないよ。自分の命で払うことになる、高くつくぞ」と。


大量のお酒を飲みながら糖尿病の治療をしても、それは無意味というものです。どんなによい治療を受けても良くなることはありません。良くなるためには、どうしても本人の自覚が不可欠です。自分で努力しない人には、「命は自分持ちだよ」と私はなぜか冷たく突き放してしまうのでした。


実は、リンパ球を注射すると精がつくという噂があります。それは実際に、リンパ球治療を受けている多くの患者の実感らしいのですが、患者の間に広まっている噂です。この暴力団の幹部は、「精力維持?」のためにリンパ球の注射に来ていたのでした。

| 医者が「治す気」になるとき | 05:35 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/2PAGES | >>
免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS