| main | プラス思考が好ましい遺伝子を目覚めさせる >>
災難をのがるる妙法

テーマ:がん全般


江戸時代の禅僧「良寛」の辞世の句は「散るさくら 残るさくらも散るさくら」と伝えられています。そして亡くなる前日には、「かたみとて何かのこさむ春は花 やまほととぎす秋はば」と書いて、知人や友人に分け与えたといわれています。享年七十四歳でした。


当時の七十四歳は大変な長寿です。戦国時代の信長は「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢まぼろしのごとくなり・・・」と舞っていますが、本能寺の変で四十九歳で非業の死を遂げていますし、同時代の上杉謙信も、信長との決戦を前にして四十八歳で病死しています。


当時の社会の支配層の平均寿命はほぼ五十歳位といわれています。そして発掘した骨で調べた一般の成人の寿命はそれより低く、ほぼ四十歳位といわれています。厚生省の国民統計表によると、日本国民の平均寿命が五十歳に達したのは、戦後の昭和二十二年といわれています。良寛は当時としては大変な長寿者であったのです。


寿命に関する興味ある研究があります。奈良時代の天皇や有力貴族の記録が保存されて残っていますが、それによると、これらの支配層の人々の平均寿命もやはり五十歳位といわれています。ところが、同様に記録に残っている奈良時代の高僧の平均寿命は、なんと七十歳代の後半であったといいます。


悟りを開いた人に長寿者が多いことは歴史の示すところです。当時の修行者の悟りは、ただ単に宗教上の心の問題であるだけではなく長寿につながる道でもあったのです。高僧たちの行なっていた悟りを開くための厳しい修行が寿命を延ばしていたと考えられます。良寛が長寿であったことも単なる偶然ではなかったのです。


江戸時代の儒学者貝原益軒は、著書『養生訓』で老子の言葉を紹介し、「人の命は我にあり、天にあらず」と言って不摂生で短命になることを戒めています。つまり、長命か短命かは自分の責任であって、それは我々の心しだいであると言っています。そして長生きするためには心気を養うことが大切であると説いています。心を穏やかにし、怒りと欲を抑制し、憂いや心配を少なくして、心を苦しめず、気を痛めないことが心気を養う上で肝要であると言っています。それは良寛が修行の末に到達した姿でもあります。


良寛は人々に「マリつき法師」と呼ばれていますが、それは、「かすみ立つ永き春日を子供らと 手毬つきつつ今日も暮らしつ」と、良寛自身が子供らとマリつきをしたことを歌に詠むほどであったからでありましょう。


良寛が子供たちと遊んで暮らした越後の冬は長く厳しいものです。それだけに雪解けの春は待ち遠しく、春になって子供たちとまた一緒に遊べる喜びに純粋にひたる良寛の振る舞いは、多くの人々の心を捉えてきました。


その良寛の晩年、新潟は三条で大地震が発生したときのことです。良寛は懇意にしていた知人に自分の無事を伝えることばとともに、次のような文面の手紙を書き送っています。それは、「災難にあう時節には災難に逢うがよく候、死ぬ時節には死ぬがよく候、是はこれ災難をのがるる妙法にて候」とあります。


何ともすごいことばではありませんか。誰もが災厄から逃れたいと思うばかりであるのに、良寛はずばりこのように述べていたのです。「災難に逢ったら、その災難から逃げ出すのでなくそれを受け入れなさい。そして、死ぬときが来たら現実から目をそむけずに潔く覚悟しなさい。それが災難や死を乗り越える最上の方法なのです」と。


良寛は禅寺での十数年の修行の後に日本の各地を行脚して、諸国の禅匠を訪ね、問答を重ねて心境を練っていますが、そこから「死ぬ時節には死ぬがよい」という思いもかけないことばが発せられたのです。良寛のこのように自分に対する厳しいことばと、子供たちにみせたあの優しい心との二面性は、良寛自身の厳しい修行がもたらしたもので、それはひとえに良寛が本格の禅僧であったからです。良寛が長寿であったことの原点はここにあったのです。


私は良寛の手紙にある「災難」を「がん」と置き換えて読み直してみました。なぜならば、がんは私たちの身に降りかかった大きな災難であり、その災難を乗り越える妙法が、この手紙の中にあるように思えてならないからです。がんの病魔から逃げようともがけばもがくほど、がんの術中にはまります。がんから逃れることは出来ません。そのがんを乗り越えるためには、まず初めに、そのがんを受け入れることから始めることが大切であることを、この手紙は私たちに教えてくれていたのです。

| 良寛の心ががんを治す | 00:56 | comments(1) | - | pookmark |
コメント

  失礼します。     

  「アル中を癒され」「脳梗塞より生還」「倒産によるサラ金地獄」
より、御言葉によって「癒され・救われた者」の「証」です。  
     
 「心のマーケティング」のご案内
      http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/
     
        ご笑覧ください。     安達三郎
| あだち | 2011/11/01 9:03 PM |
コメントする









免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS