<< 「二度無し病」を人の手で作る | main | 免疫反応は常に有利に働くとは限らない >>
ワクチン療法
 JUGEMテーマ:がん全般

菌の病原性を弱めるなどの一定の処理をした菌を、体に接種したり注射などして菌に対する抵抗性を発生させて病気を予防するとき、その処理した菌を「ワクチン」といいます。この病気予防の原理を理論的に説明した最初の人は、コレラ菌を発見したパスツールです。


一九世紀の中頃になって、パスツールはニワトリのコレラ菌の研究で、病原性を弱くしたコレラ菌をあらかじめニワトリに注射しておくと、そのニワトリにはコレラ菌に対する抵抗性が発生し、次に病原性の強いコレラ菌を注射しても発病することはなく、死ぬことはないということを発見しました。これが「ワクチン」の発見です。この発見は、長い間伝染病で苦しんできた人々にはかり知れない福音をもたらしました。


この病気予防法の原理は、ジェンナーが行なった種痘による天然痘予防法と同じものです。パスツールは、その天然痘の予防法を発見したジェンナーの偉業をたたえて、この治療法を、ジェンナーが天然痘予防に使った牛痘ウィルスのラテン語名であるvaliora vacciniae(バリオラ ワクチネ)から名前を取って、ワクチン療法(vaccination)と名付けたのでした。


ワクチンは伝染病予防で大きな力を発揮し、人の力で伝染病を予防することができるようになりました。こうして現代免疫学の幕は切って落とされたのです。そしてこの大きな力の主役は、マクロファージやTリンパ球それにBリンパ球などの免疫細胞であり、このようにして手に入れた病気の抵抗力を獲得免疫といいます。


私たちは「はしか」に一度かかると二度とかからないことを知っています。はしかを「初恋」というのもこのためです。二度目以降は決して初恋ではありません、ただの恋多き乙女です。この「二度無し病」を人の力で作り出すことが免疫学の大きな使命でした。こうして免疫学は現代の道祖神になったのでした。

| 免疫学は現代の道祖神 | 14:26 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS