<< ワクチン療法 | main | 胸腺で教育されるT細胞 >>
免疫反応は常に有利に働くとは限らない
 JUGEMテーマ:がん全般

免疫の仕組みは、生体機能系の中では脳にも匹敵するほど複雑かつ精巧に出来ていて、その特徴として、体の中に入ってきた「異物」を認識する能力を持っています。生体がひとたび非自己である異物を認識するとそれは記憶され、一生その記憶は保持されます。即ち、何年経た後であっても生体がそれと同じ異物に出会うと、免疫系はその異物に対して初回の時よりも迅速にしかも強力に反応します。


ところがその反応は、生体にとって常に有利に働くとは限らないといいます。そこで、免疫系が単なる体を守る機構ではないことを証明する次のような出来事を紹介しています。


一人の子供がジフテリアにかかりました。現在では、法定伝染病でもあるジフテリアは予防注射のおかげで滅多に見ることは出来ませんが、以前は、子供にとっては命にかかわる恐ろしい病気でした。その恐ろしいジフテリアの特効薬は、当時としては画期的な治療法であった「抗血清療法」であったのです。


それは無毒化したジフテリア毒素をウマに注射して作ったウマの血清です。その血清にはジフテリア毒素の抗体が出来ていて、そのウマ血清を患者に注射することで体内のジフテリア毒素を中和し、無毒化することが出来ます。すなわち体液性免疫が成立していたのです。これをジフテリアの抗血清といいます。その抗血清の治療を受けたジフテリアの子供は、たちどころに症状は改善し、死の淵から無事に生還することが出来たのでした。


ところが、その子供が成人して、子供の頃にウマの血清に助けられたことなどすっかり忘れていたある時、作業中に踏みつけた古くぎが原因で破傷風にかかってしまいました。


破傷風菌は神経毒細菌で、その菌に感染すると神経が麻痺してが動かなくなり、口を開くことが出来なくなります。更に毒素が全身に回ると、や背中は硬直して弓なりに反り返り、最後には全身痙攣を起こして死亡する恐ろしい病気です。


この病気から救うことの出来る唯一の方法も、破傷風菌の毒素を中和することの出来るウマで作った抗血清を注射することであったのです。早速、無毒化した破傷風菌をウマに注射して作った抗血清が患者に注射されました。この治療のお陰で症状は一、二日でみるみるうちに改善し、殆ど治ったかにみえました。ところが、数日を経た頃から全身に血管炎が起こってきて至るところから出血が始まり、終には帰らぬ人となってしまったのです。


子供の頃のジフテリア治療のために注射されたウマの血清は、本人にとっては異種蛋白で、それは非自己である異物です。そのために子供の免疫系はウマ血清蛋白を認識しました。大人になって、破傷風治療のために再びウマの血清が注射されたので、ウマ血清蛋白に対して前より一層激しい免疫反応が起こってしまったのです。そのために血管壁では激しい炎症が起こり、そのための出血で死亡してしまったのです。


その人の免疫系は、以前に注射されたウマ血清の異種蛋白を記憶していました。そして、同じ異種蛋白が再び入って来たことで免疫系は更に激しく反応し、全身の血管壁で激しい免疫反応が起こってしまったのです。この反応を血清病といいます。その反応が激しいときには、血圧が急激に下降し急死することがあります。これをアナフラキシーショックといいます。このように免疫反応は、生体に対して常に有利に作用するとは限らなかったのです。


ジェンナーによってもたらされた天然痘予防法の成功によって、それまでは、免疫反応は生体にとって常に有利に作用するものと考えられて来ました。しかしその考え方は、抗血清療法の副作用のために変えざるを得なくなりました。即ち、感染防御としての免疫の意義を見直さなければならなくなったのです。


免疫システムのもつ生体防御機能は単なる結果であって、本当の機能は自己と非自己を見分けることであったのです。そして、免疫反応とは自分以外の非自己に対して起こる生体の反応であったのです。

| 免疫反応の本質 | 14:30 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS