<< 自己免疫病はリンパ球が自分自身を攻撃したため | main | 末梢性免疫寛容ががんの増殖を許している >>
自己免疫病は女性に多い
 JUGEMテーマ:がん全般

病気の原因がはっきりとはわからずに、その治療法も確立していない病気のことを難病といいます。その多くは自己免疫病です。


大勢の患者のいる関節リウマチも自己免疫病です。それは全身のいろいろな関節に腫れや痛みを伴う炎症が発生し、病気が進行するとそれらの関節が変形して日常の動作が困難になる病気です。


その原因は、関節の内側を被っている滑膜が自分の免疫細胞によって攻撃されたためです。それは自分の免疫システムが、自分の滑膜を異物と認識して障害したために発生した自己免疫病です。患者は殆どが女性で、しかも二〇代や三〇代の若い人にも発生しています。そして重症の場合には歩行が困難となり、寝たきりになってしまうこともあります。


また、全身性エリテマトーデス(SLE)と呼ばれる自己免疫病もあります。全身のいろいろな細胞や核が自分の免疫細胞によって攻撃される病気で、そのために核の抗体が現われ全身の臓器が同時に障害されます。


若い女性に原因不明の発熱があって、体が次第に衰弱するようなときには、この病気を疑うといいます。全身が障害される病気です。これも若い女性に多い病気です。


また、特定の部分だけが障害される自己免疫病もあります。シェーグレン症候群は涙腺や唾液腺、または胃や膵臓などの外分泌腺だけが攻撃されたために発生した自己免疫病です。そのためにこれらの分泌腺の機能が低下し、唾液が少なくなって口の中が乾燥したり、涙が出なくなって目が乾燥したりします。また、胃液や膵液の分泌が減少して萎縮性胃炎になったり、繰り返し発生する膵炎になったりもします。これもまた女性に多い病気です。


そのほかにも、ベーチェット病や重症筋無力症、または多発性硬化症など自己免疫が原因で発生する病気は数多くあり、これらの一連の病気は一般には膠原病と呼ばれています。いずれの自己免疫病にも確立された治療法はなく、大部分は難病に指定されています。


どうしてこれらの自己免疫病は女性に多いのでしょうか。しかも二〇代や三〇代の若い女性にも多く発生しています。本来であればこれらの若い年代の女性は子供を作る大切な年代であり、病気には無縁な年代であるはずですが、何故か自己免疫病だけはこれらの若い女性に多いのです。


いろいろな記述を調べてみても、そのことに対する納得のいく説明はありません。成書にはただ漠然とホルモンが関与するのではないかと書いてあるだけです。


自己免疫病の原因は、自分と反応する自己反応性T細胞が胸腺で除去されないで残っているためといわれています。ところが通常は、体の中にはこれらの自己反応性T細胞を調節する専門のシステムがあって、その細胞を作動しないようにする末梢性免疫寛容システムが働いているはずです。すなわち、自己免疫病は発生しないような仕組みになっています。それなのに若い女性に自己免疫病が多いのは、この自己反応性T細胞が、これらの若い女性の体の中では何らかの特別の使命を持って活動しているためではないかと思われます。そこで考えられるのが流産です。


流産とは、妊娠二十二週未満に起きる妊娠の中絶のことをいいますが、その多くは胎児の染色体異常に伴う致死因子が原因といわれています。残念ながら、流産はどうしてもある一定の比率で発生しています。


ところが実際の流産はそれだけではないといわれています。通常の月経と思われるものの中にも沢山の流産は含まれていて、母親にも知られないままに、多くの胎児が月経として流産しているというのです。いやむしろ、無事に成長して生まれてくる胎児の方が少ないのではないかという人さえいるくらいです。


人類は種族保存のために、生まれてくる子供の自然淘汰を流産という形で行なっているのではないかと思われます。そして、その流産に自己反応性T細胞が関与しているのではないかと思うのです。すなわち、どうしても避けることの出来ない流産が、この自己反応性T細胞の免疫反応である拒絶反応によって起こっているのではないかと思われるのです。


実際に、習慣性流産は自己免疫病といわれています。その治療法として他人のリンパ球を注射する免疫治療が現実に行なわれています。流産に自己免疫病の原因となる自己反応性T細胞が関与している可能性は十分に考えられます。


若い女性は、子供を産むという大切な仕事を行なうために、自分の体の中に特別な機能を持っていなければなりません。免疫もその例外ではなく、そこには若い女性特有の免疫の仕組みがあるに違いありません。そしてそこでは、自己免疫病の原因となる自己反応性T細胞も重要な使命を持って、働いているものと思われます。


女性の生命は、種族を維持するという大きな使命を果たすために、免疫系の絶妙なバランスの上に成り立っているものと考えられます。すなわち、この年代の若い女性は、人類の種を維持する上で極めて重要な仕事をする実に大切な体であったのです。しかしそれでも、自分の細胞が変化して発生するがん細胞は、なぜかその自己反応性T細胞によっても異物と認識されて攻撃されることはなかったのです。

| 免疫反応の本質 | 14:37 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS