<< 好ましい心ががんを治す | main | 世界は一つ、生きものは全て兄弟 >>
肝臓癌と胎児は似たもの同士
JUGEMテーマ:がん全般

どんな人にも隠れた素顔があるように、がん細胞にも思いがけない一面が隠されています。よく調べてみると、がん細胞は生まれる前の胎児の幼な顔によく似ていると言います。


肝臓癌患者の血液中には、アルファ・フェトプロティン(AFP)という特殊な蛋白が現れます。そのために血液検査をしただけで肝臓癌と診断することができます。それは肝臓癌の細胞が、このAFPという蛋白を作って血液中に放出したからです。ところがそのAFPという蛋白は、不思議なことに胎児の血液の中にもあるといいます。生まれる前の胎児もこの蛋白を作っていたのです。


子宮の中の胎児は羊水の中で生活をしています。羊水を飲んで羊水のおしっこもするといいます。その意味では、胎児は一種の水中生物と言えるかもしれません。生まれてオギャーと泣いて呼吸をすることで水中生物から空中生物に変わりますが、それと同時に、このAFPという蛋白は作られなくなります。そして赤ちゃんの血液の中からは消えてしまいます。ところが、その赤ちゃんが成長して大人になり、その人が運悪く肝臓癌になると、再びこのAFPという蛋白が血液中に現われるといいます。なんとも不思議な現象です。


ところで、一人の人間の体は六〇兆個もの多数の細胞で出来ているといいます。こんなに多数の細胞であっても、これらの細胞は元をたどれば、たった一対の精子と卵子の合体した受精卵から始まります。一個の受精卵が分裂に分裂を重ねて増殖し、最後には六〇兆個もの細胞集団になったのです。


体を作る設計図が遺伝子ですが、受精卵の遺伝子も、細胞分裂に伴って次々にコピーされて新しく生まれた細胞に受け継がれます。そしてその遺伝子は、六〇兆個の細胞の一つ一つに、正確に等しく入っています。このように一つの細胞から始まって増えた細胞集団をクローン細胞といいますが、人間も受精卵のクローン細胞の集団であったのです。


ところで、体内のすべての蛋白は遺伝子の命令で作られます。AFPも蛋白ですから遺伝子の命令で作られます。ところが、胎児の間だけAFPを作っていたその遺伝子は、生まれると同時にその作業を停止します。そしてその後は、その遺伝子は働くことなく細胞の核の中で、ジッと静かにしています。眠っているのです。


ところが、時が過ぎてその人が大人になり、その人の肝臓の細胞の一部が突然変異で肝臓癌に変身すると、その肝臓癌の細胞の中にあったAFPを作る遺伝子は、再び作業を開始するといいます。そしてAFPの再生産を始め、血液中に放出するというのです。


がんといえども、それは自分の体内で発生するのですから、元をたどれば受精卵という最初の生命体の子孫です。人々に憎まれている鬼っ子のがん細胞ではあっても、その中の遺伝子はすべて親から平等にもらったものです。


ところがあるとき、突然変異で正常の肝細胞が癌細胞に変身すると、そこでは、今まで眠っていた、無限に増殖することを専門とする癌遺伝子が働き出すと同時に、AFPをつくる遺伝子も同時に目を覚まし活動を開始します。ところがそれらと同じ遺伝子は、まだ癌になっていない正常な肝細胞の中にも存在していて、そこではそれらの遺伝子はまだ眠ったままだというのです。


正常細胞の中では、これらの遺伝子はまだ作動禁止の止め金がかけられたままで作動することはありません。それらは癌になったときだけ働く遺伝子であったのです。しかもその遺伝子は、胎児時代に一定の使命を持ち活発に活動をしていたといいます。AFPという蛋白は、このように癌になって再び働きだした遺伝子が作りだした蛋白であったのです。


このように、癌と胎児だけが共通に持っている蛋白を癌胎児共通蛋白といいます。そして癌胎児共通蛋白は、AFP以外にも何種類もあって、現在では沢山見つかっています。癌と胎児はこのように共通の蛋白を持ち、両者はいろいろな点で類似していたのです。まさに肝臓癌と胎児は似たもの同士であったのです。


その最大の類似性は、なんといっても細胞の旺盛な増殖でしょう。癌細胞も胎児細胞も猛烈な勢いで増殖します。どちらかというと胎児細胞の増殖速度は癌以上で、胎児はわずか一〇ヵ月の間で三キログラム近くまでに成長します。


ただ胎児が癌と異なる点は、胎児は時期が来ると母親の子宮から自然に出て来ることです。これが出産であり赤ちゃんの誕生です。その本質は拒絶反応と考えられています。母体は胎児を異物と認識して、免疫反応で胎児を拒絶していたのです。


しかし癌は、大きく育っても拒絶されることはありません。残念ながらいつまでも体内に居座ります。癌も一人前になると拒絶されて、体の外に放出されるようであれば誠にありがたいのですが、そううまくはいきません。しかし、そのような研究は実際に行なわれています。癌を異物化して、免疫の作用を使って拒絶反応で追い出そうとする試みです。現在のところまだ成功はしていませんが、可能性は十分にあります。


胎児が水中生物であることはすでに述べましたが、癌はその水中生物としての胎児と共通点があって、大変よく似ていました。ところが癌は、もっともっと太古の昔の、海の中の祖先である単細胞時代の水中生物にもっとよく似ていたのです。

| がんは細胞の先祖返り | 04:57 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
肝癌は(肝細胞癌)肝臓から発生するがんです。また、原発性肝癌や肝癌として知られています。肝臓は、異なる細胞型(例えば、胆管、血管、脂肪、貯蔵細胞の場合)で構成されています。しかし、肝細胞は(肝)肝臓組織の80%を占めています。したがって、原発性肝癌の大部分は(90%-95%)、肝細胞から生じる肝細胞癌または癌と呼ばれています。

患者や医師が肝臓がんの話をするとき、しかし、彼らはしばしば(結腸、胃、膵臓、乳房などの肺)他の器官の起源を有する、肝臓に転移したがんのことを指しています。具体的には、肝臓癌のこのタイプの転移性肝疾患(がん)またはセカンダリ肝臓がんと呼ばれています。これは、原発性肝癌よりも、世界中の多くの共通の問題です長期肝臓がんは、実際にいずれかの転移性肝癌や肝細胞癌を参照することができますので、頻繁に混乱を招きます。この記事の主題は、私は肝臓癌とを参照する肝細胞癌です。
| ベトプティック&#160; | 2011/02/18 4:32 PM |
コメントする









免疫治療専門医 中嶋靖児
中嶋靖児 著

カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
お気に入りリンク
ARCHIVES
モバイル
qrcode
OTHERS